Pythonista(見習い)の球児延長中!

web開発と育児を中心に

巨人選手の三振とホームラン数の関係をpythonで描いてみた

こんにちは。

nassy20と申します。 

現在プログラマーをしていますが、10年前は高校球児でした。

そういうわけあって、現在も野球のニュースや中継を見るのを楽しみにしています。

 

現在、覚えようとしているプログラミング言語pythonは統計などにもよく使われます。pythonの練習がてら、巨人選手の三振とホームラン数をのデータをプロットしてみました。その結果がこちら、、、

 

巨人選手14名の三振とホームランの関係
巨人選手14名の三振とホームランの関係

 

hr:ホームラン so:三振 です。

1ヶ月くらい前のデータで、打席数の上位14人を選出しました。

打席数のバイアスはかかっていますが、長距離打者は三振も多い関係があるように感じますね。

 

 

見て欲しいのはこの打者。

f:id:nassy20:20180727224614p:plain  

岡本ですね。今年の初詣は岡本の活躍を祈願しましたが、ここまでブレイクするとは思いませんでした。打率も高いのですが、やっぱり三振が多いのは気のせいではありませんでしたね。

 

おっと、とんでもないことに気がついたぞ。

 

三振多い...
三振多い...

 

この打者、ホームラン少ないのに、三振めっちゃ多い。。

小林だろうな.....

じつはこれ、吉川尚輝でした
頑張れ尚輝〜(´・ω・`)

今後はデータ分析基盤と統計の勉強してもっと面白いデータを出してみたいですね。

山田哲人は春と夏でどれくらい違うのかとかもおもしろそう...